東海道広重美術館


小さいけどここだけの美術館
広重の名を冠した美術館です。歌川広重作『東海道五拾三次』など、風景版画を中心とした江戸時代の浮世絵の名作が鑑賞できます。

由比本陣公園の入り口
東海道広重美術館は、清水区由比(旧庵原郡由比町)にある由比本陣公園の中にあります。

東海道広重美術館 大展示室
収蔵作品は、風景版画の揃い物を中心に約1,400点。展示室では毎月展示品を替えて企画展を開催しています。

歌川広重 (1797-1858)

大展示室

大展示室
東海道五拾三次の宿場町は、地名としてはもちろん、東海道本線の駅名となって今も受け継がれています。

15番目の宿場 蒲原かんばら

16番目の宿場 由比ゆい さった峠が描かれている

17番目の宿場 興津おきつ

美術館のオリジナルグッズを販売するミュージアムショップ

御幸亭
由比本陣公園の中、東海道広重美術館の隣にある御幸亭みゆきていでは、茶室でお茶が楽しめます。